タグ
風邪

風邪には抗生物質を使わない:厚生労働省の医師向け手引き

2017年10月01日

厚生労働省は医師向けに、「風邪には抗生物質を処方しない事」を推奨する手引きを示しました。その理由は、①風邪のウイルスには抗生物質は効果がないこと、②過度な抗生物質の使用で薬剤耐性菌を増やしてしまうことにあります。

風邪の原因の約90%はウイルスなので、抗生物質は効かないことは本ブログで示してきました(風邪への対処法)。抗生物質は細菌には効果があるのですが、ウイルスには効果が無いのです。従って、風邪をひいた場合は、栄養と水分を十分に摂って暖かくして休むのが正しい対処法なのです。

抗生物質と菌

しかしながら、風邪で受診した患者の約6割は効果のない抗生物質が処方されています。その原因として、4割以上の患者は抗生物質はウイルスをやっつけるので、風邪やインフルエンザに効果がある、と間違った知識を持っていることにあります。一方の医師の方にも問題があり、万一細菌が原因だったら重症化の危険があるとの過度な心配、薬を処方しないと患者が納得せずにヤブ医者扱いされること、処方箋で収入になる、などの理由で効果のない抗生物質を処方している現実があるのです。

その結果として、抗生物質の多用は薬剤耐性菌を増やす一因になっているのです(薬剤耐性菌)。薬剤耐性菌とは、抗生物質にさらされながらも生き残った菌は、その抗生物質に耐えて生き残れるように変化してしまうのです。薬の効かない菌が増えることで、患者の命を脅かすことになってしまいます。加えて、抗生物質の常用は、腸内細菌が死んでしまうことで、下痢や免疫力の低下も招きます。

医師が正しい処置をするのは当然ですが、患者の方々も薬や病気に関する知識を身につけることも必要です。本ブログは、一般の方々の健康維持に必要な内容をお届けしていますので、ぜひ参考にしてください。

 

長引く風邪症状は? 非結核性抗酸菌症、マイコプラズマ肺炎

2016年12月01日

インフルエンザが例年よりも早く流行しています。この季節に咳や熱などの症状があると、最初にインフルエンザを疑いますが、インフルエンザは一般的には1週間から10日程度で回復します。2週間以上にわたって咳や熱が続いている場合は、非結核性抗酸菌症やマイコプラズマ肺炎の可能性があります。

%e9%95%b7%e5%bc%95%e3%81%8f%e9%a2%a8%e9%82%aa%e7%97%87%e7%8a%b6

非結核性抗酸菌症とは、結核菌以外の抗酸菌の感染で起こる病気です。主に気管支や肺に炎症を起こすことで、咳が長引きますが、結核のように周りに感染させることはありません。患者は、中高年に多く、男女比では女性の方が多い傾向があります。抗生剤が効きにくいので、治療は長期になることがしばしばです。対策は、治療と並行して免疫力を高めることが必要ですから、バランスの良い食事や規則正しい生活です。

マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマの感染で秋から冬にかけて増加する感染症で、子供や若者に多く見られます。症状は発熱と咳ですが、咳の特徴として乾いた咳で痰を伴わないのが特徴です。周りに感染させる可能性がありますので、感染防止の対策としてうがいや手洗いを心掛けてください。

非結核性抗酸菌症とマイコプラズマ肺炎は、近年増加傾向にあります。普段から感染防止のための健康管理が重要ですので、本ブログを参考にして免疫力を高めていただければ幸いです。

 

受験生の健康管理

2016年01月10日

1月も中旬になって、寒い日が続いています。この時期になると、受験生は追い込みに入ります。私が人生の中で一番勉強をしたのは、博士号取得の受験勉強でした。食事と風呂以外の時間は勉強という生活を、十年以上も積み重ねてきましたが、この間は風邪もひかず、精神的にも大変充実していたと思っています。本ブログの読者の方々にも、お子さんやお孫さんに受験生がいらっしゃるでしょう。受験勉強で知識を詰め込むのは大切ですが、同じ位重要なのは、受験終了までの長期の健康管理です。長期の受験勉強期間をより効果的にするには、上手な睡眠と風邪対策です。受験勉強1. 睡眠

私の受験生時代は、“4当5落”で、4時間の睡眠時間なら合格できるが、5時間寝ると落ちるといわれていました。しかし長期の受験勉強には、少なくとも5~6時間の睡眠時間は確保した方が、良い結果をもたらすと考えられます。昨年8月20日の記事(睡眠と健康:成長ホルモン)のように、体の成長や疲労回復に関与する成長ホルモンは、深夜の1~2時頃に分泌されます。従って、1時より前には就寝して、朝は6時頃に起床するのが理想です。試験は午前中から始まるので、朝型の生活パターンにしておいた方が、実力が発揮できます。良質の睡眠を確保するには、就寝前のスマホやパソコンは控えてください。また、入浴はシャワーではなく、少し温めの湯船にゆっくりと浸かった方がよく眠れます。

2. 風邪対策

2013年12月10日の記事(風邪への対処法)のように、風邪の原因の約90%はウイルスです。受験の時期にはインフルエンザウイルスが蔓延しますが、予防の基本は手洗い、ウガイ、部屋の加湿です。ワクチン注射の効果は、1回注射でおよそ50~60%、2回注射では約80%位ですから、注射をしても絶対に感染しない訳ではありませんが、予防注射はした方が安全です。なお、効果はおよそ5~6ヶ月位です。さらに感染し難くするには、普段から免疫力を高めておくことが必要です。2014年11月20日~12月10日(免疫(1)~(3))の記事のように、バランスの良い食事、睡眠、有酸素運動が有効です。運動の時間がもったいないと思われるかもしれませんが、運動で免疫力の向上以外にも、血流の改善や基礎代謝の向上、ストレス解消などがあるので、勉強の質があがります。

受験生にお奨めは、私の研究している漢方飲料の『美露仙寿:めいるせんじゅ』です。風邪の予防や疲労回復には最適で、その医学的根拠は下の医学論文にまとめてあります。論文のコピーや解説希望の方、健康管理に関するアドバイスをご希望の方は、無料健康相談へお電話ください。満開の桜を家族で楽しめる春になるように、ご両親や祖父母から受験生に美露仙寿をプレゼントしてあげませんか。合格をお祈りします。

【美露仙寿の健康増進効果に関する医学論文】

  1. 7 種漢方成分含有健康飲料の安全性と作用の医薬学検査.医学検査561(3):41-547, 2012
  2. Ergogenic Capacity of a 7-Chinese Traditional Medicine Extract in Aged Mice.Chinese Medicine (3): 223-228, 2012.
  3. 7 種漢方健康飲料の未病改善効果.未病システム学会雑誌21(3): 1-6, 2015

合格の春

ゆず湯

2015年12月20日

今年もあと僅かになりました。日が短くなり、寒さが増してくると、温かい風呂が最高です。昔から、冬至(12月22日)にゆず湯に入ると、1年間風邪をひかないといわれています。ゆずには血行を促進して冷え性、神経痛、腰痛の緩和、風邪の予防効果などがあります。さらには、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果、香りによるリラックス効果もあるため、元気に冬を越すために役立ちます。ゆず湯にのんびりとつかると、体も心もリラックスして長生きできそうな気分になれます。

ゆず湯

注意すべきは、冬の風呂場には危険が潜んでいることです。最も多いのは、ヒートショックです。寒い脱衣所で急激に上昇した血圧が、熱い湯で一気に低下することで失神して溺れる事故です。入浴中の急死は年間1万7000人程度で、そのうち浴槽内で溺死と確認された人は年間4000人以上もいるのです。昨年の交通事故の死者数は4100人ですから、入浴中の死亡者数は非常に高い数字です。なお、入浴中の死亡者は60歳以上の高齢者が殆どで、高血圧の人ほど血圧変動が大きいので注意が必要です。また、飲酒のあとの入浴も、血管が拡張するので血圧が下がり易く、危険性は増加します。年末年始はお酒を飲む機会が増えるので、酔った状態での入浴は控えましょう。

今年も1年間にわたり、本ブログをご愛読いただきまして、有難うございます。読者の皆様の健康増進のお役にたてていれば幸いです。また、無料の健康相談も実施していますのでご利用ください。では、良いお年をお迎えください。

免疫(1)

2014年11月20日

免疫

 月日の経つのは早いものです。ハロウィンの仮装も終わって、街はクリスマスの雰囲気に染まってきました。毎年、この時期になると流行るのが風邪です。周りにも風邪ひきさんを見かけるようになりました。マスクをしている方も多く見かけます。何時も不思議に思っているのは、鼻を出してマスクをしている人です。何のためにしているのでしょうか?全く意味をなしていません。質問したいと思いつつも、失礼なのでそれも出来ずに、?????ばかりです。

昨年の1210日のブログに書きましたが、風邪の原因の8090%はウイルスです。ウイルスには抗生物質は効きません。ウイルスを殺す薬は無いので、治すには免疫力しかありません。(インフルエンザに使うタミフルやリレンザは、ウイルスの増殖を抑えているだけで、殺している訳ではありません。また、風邪薬は、症状は強制的に抑えますが、原因となるウイルスをより長い期間体内に留めることになります。)美露仙寿の集いに参加されている会員さんは、免疫について専門家並みの知識を持っておられる方も多いのですが、一般の方は殆ど知識が無いようです。今回から、シリーズで免疫を勉強していただき、風邪などひかない身体作りを目指しましょう。初回は、免疫細胞の役割分担です。

免疫力とは?

免疫力とは文字通り、疫(流行性の病気、はやりやまい、疫病などの病気)から免れる(まぬがれる)力のこと。病原菌などが体内に入っても、この免疫力が高ければ発症には至らず、発症した場合でも免疫細胞が病原菌やウイルスと闘い体を守ってくれます。

免疫力は、20歳前後をピークに年齢とともに衰え低下していきます。さらに偏った食生活や運動不足などの生活習慣やストレスなどによっても低下します。免疫力が低下すると、インフルエンザなどの感染症にかかりやすくなり、心筋梗塞、糖尿病などの生活習慣病、さらにはガンなど命を脅かす病気を招くことにもなります。免疫力を向上させることは、より元気な体を維持するためには不可欠なのです。

白血球の役割分担(New)

免疫と白血球

免疫細胞とは、血液中に含まれる白血球のこと。血液を通じていたるところに存在し、全身をくまなくパトロールすることで、常に病原体から体を守ってくれているのです。白血球には種類ごとに、「外敵を発見する」「その情報を伝達する」「外敵を攻撃する」など、異なった役割があります。例えるなら、日本の国(身体)を守る自衛隊(免疫細胞)のようなシステムが機能しています。司令官(ヘルパーT細胞)が外敵への攻撃を指示すると、陸、海、空の部隊(好中球、NK細胞、B細胞、T細胞)が敵(病原菌やウイルス)と戦うのです。それぞれの役割分担を説明します。

  • マクロファージ

アメーバ状の細胞。体内に侵入してきた異物(抗原)を発見すると急行し、自分の中に細菌、ウイルス、ホコリなど次々と取り込んで貪食処理します。貪食処理し切れない場合は、「外敵が来た!」とヘルパーT細胞に敵の情報を伝え、助けを求めます。また、ヘルパーT細胞と共同で、がん細胞などを攻撃するNK細胞を活性化(元気)します。

  • 好中球

好中球は強い貪食・殺菌能力を持っていて、主に細菌やカビを貪食します。好中球が戦に勝った後に、名誉の戦死したものが“膿”です。

  • リンパ球

リンパ球には、ヘルパーT細胞、キラーT細胞、サプレッサーT細胞、B細胞、NK(ナチュラル・キラー)細胞などがあり、それぞれ役割分担があります。会社でも、社長、営業、経理、庶務に掃除をしてくれるおばちゃんがいます。それぞれの役割が全部機能しないと、会社は回りません。

1. ヘルパーT細胞

免疫の司令塔です。マクロファージ(偵察&初期攻撃隊)から敵(病原菌抗原)の情報を受け取り、B細胞に抗体(抗原をやっつける武器)を作るよう指令を出します。また、マクロファージと共同で、キラーT細胞、NK細胞を元気にさせます。

2. B細胞

B細胞は、骨髄で産生され胸腺を経由することなく血液中に入ります。ヘルパーT細胞の攻撃指令を受けて、敵をやっつけることができる抗体(武器)を作るリンパ球です。

3. サプレッサーT細胞

ストッパー役。抗体が外敵撃退に成功したら、もうこれ以上抗体を作らなくてよいと、B細胞に指示します。これで身体は、外敵侵入前の状態にリセットします。サプレッサーT細胞の指令が不完全で、攻撃停止の命令が正確に伝わらずに攻撃をし続けている状態がアレルギーです。アレルギーは、免疫作用が強すぎて起こるイメージがありますが、実はサプレッサーT細胞がその役割を果たせないことに起因しているので、免疫の未成熟状態なのです。

4. キラーT細胞

ヘルパーT細胞から指令があると、ウイルス感染細胞、がん細胞などを認識して破壊します。殺し屋という意味で、キラーT細胞と呼ばれます。

5. NK細胞(ナチュラル・キラー)

NK細胞は、常時、独自に体内をパトロールし、がん細胞やウイルスなどの外敵が侵入すると、攻撃命令なしに単独で立ち向かい、ウイルスなどを殺す強力なリンパ球です。キラーT細胞は、外敵と味方を勉強して判別できるようになるのですが、NK細胞は生まれつき外敵を攻撃する能力を持っているので、ナチュラル・キラーと名付けられたのです。

次回は、免疫力を高めるための知識です。