喫煙で遺伝子変異

2016年11月10日

タバコの喫煙本数が多いほど、喫煙期間が長いほど、遺伝子に変異が起きる確率が増すことを、国立がん研究センターと理化学研究所などの研究チームが、アメリカの科学誌サイエンスに発表しました。 %e7%85%99%e8%8d%89%e3%81%a7%e9%81%ba%e4%bc%9d%e5%ad%90%e5%a4%89%e7%95%b0 世界の5243人のがん患者を、タバコを吸う人と吸わない人に分けて遺伝子データを解析した結果、肺、咽頭、口腔、膀胱、肝臓、腎臓のがんでは、喫煙者で遺伝子の変異が多い結果になっていました。特に喫煙との関連が指摘されている肺がんでは、毎日20本(1箱)を1年間吸うと、150個の遺伝子変異が蓄積すると推計されています。遺伝子の変異があった場合には、体の防御作用が働いて、変異を修正してがん化を防いでいるのですが、変異数が多くなると修正作業が間に合わなくなってきます。その結果、喫煙による遺伝子変異から肺がんに進行していくと推測できます。肺がんの年間患者数(死亡者数)は、男性 9.0万人(5.5万人)、女性 4.3万人(2.2万人)と、罹患率も死亡者数も多いがんです。喫煙は、百害あって一利無しですので、禁煙しましょう。