解熱剤で免疫低下

2014年06月01日

解熱剤熱が出て病院に行くと、多くの方は解熱剤を処方されて、喜んで帰ってきます。でも、この解熱剤は、治りを遅らせる原因であることをご存知ですか?

何故に熱が出るのかというと、ウイルスや細菌に感染した時に、次の2つの方法で抵抗力=免疫力を上げるために熱が出ているのです。1つめは、ウイルスや細菌は熱に弱いので、体温を上げることでこれらが住みにくい環境を作っているのです。2つ目は、体温を上げることで、白血球の活動が活発化するので免疫力がアップするのです。要するに、敵を弱らせた状態で自分の攻撃力を上げることにより、感染症との闘いに勝利しようとしているのです。ところが、この状態で解熱剤が投与されると、体温が低下して抵抗力が落ちてしまうのです。

自分の子供が熱を出していると、人情としては解熱剤で楽にしてあげたいという気持ちはわかるのですが、治りを早くするためには、解熱剤は控えましょう。(ただし、40℃を超えるような場合は、解熱剤で多少下げるのはOKです。)