免疫(1)

2014年11月20日

免疫

 月日の経つのは早いものです。ハロウィンの仮装も終わって、街はクリスマスの雰囲気に染まってきました。毎年、この時期になると流行るのが風邪です。周りにも風邪ひきさんを見かけるようになりました。マスクをしている方も多く見かけます。何時も不思議に思っているのは、鼻を出してマスクをしている人です。何のためにしているのでしょうか?全く意味をなしていません。質問したいと思いつつも、失礼なのでそれも出来ずに、?????ばかりです。

昨年の1210日のブログに書きましたが、風邪の原因の8090%はウイルスです。ウイルスには抗生物質は効きません。ウイルスを殺す薬は無いので、治すには免疫力しかありません。(インフルエンザに使うタミフルやリレンザは、ウイルスの増殖を抑えているだけで、殺している訳ではありません。また、風邪薬は、症状は強制的に抑えますが、原因となるウイルスをより長い期間体内に留めることになります。)美露仙寿の集いに参加されている会員さんは、免疫について専門家並みの知識を持っておられる方も多いのですが、一般の方は殆ど知識が無いようです。今回から、シリーズで免疫を勉強していただき、風邪などひかない身体作りを目指しましょう。初回は、免疫細胞の役割分担です。

免疫力とは?

免疫力とは文字通り、疫(流行性の病気、はやりやまい、疫病などの病気)から免れる(まぬがれる)力のこと。病原菌などが体内に入っても、この免疫力が高ければ発症には至らず、発症した場合でも免疫細胞が病原菌やウイルスと闘い体を守ってくれます。

免疫力は、20歳前後をピークに年齢とともに衰え低下していきます。さらに偏った食生活や運動不足などの生活習慣やストレスなどによっても低下します。免疫力が低下すると、インフルエンザなどの感染症にかかりやすくなり、心筋梗塞、糖尿病などの生活習慣病、さらにはガンなど命を脅かす病気を招くことにもなります。免疫力を向上させることは、より元気な体を維持するためには不可欠なのです。

白血球の役割分担(New)

免疫と白血球

免疫細胞とは、血液中に含まれる白血球のこと。血液を通じていたるところに存在し、全身をくまなくパトロールすることで、常に病原体から体を守ってくれているのです。白血球には種類ごとに、「外敵を発見する」「その情報を伝達する」「外敵を攻撃する」など、異なった役割があります。例えるなら、日本の国(身体)を守る自衛隊(免疫細胞)のようなシステムが機能しています。司令官(ヘルパーT細胞)が外敵への攻撃を指示すると、陸、海、空の部隊(好中球、NK細胞、B細胞、T細胞)が敵(病原菌やウイルス)と戦うのです。それぞれの役割分担を説明します。

  • マクロファージ

アメーバ状の細胞。体内に侵入してきた異物(抗原)を発見すると急行し、自分の中に細菌、ウイルス、ホコリなど次々と取り込んで貪食処理します。貪食処理し切れない場合は、「外敵が来た!」とヘルパーT細胞に敵の情報を伝え、助けを求めます。また、ヘルパーT細胞と共同で、がん細胞などを攻撃するNK細胞を活性化(元気)します。

  • 好中球

好中球は強い貪食・殺菌能力を持っていて、主に細菌やカビを貪食します。好中球が戦に勝った後に、名誉の戦死したものが“膿”です。

  • リンパ球

リンパ球には、ヘルパーT細胞、キラーT細胞、サプレッサーT細胞、B細胞、NK(ナチュラル・キラー)細胞などがあり、それぞれ役割分担があります。会社でも、社長、営業、経理、庶務に掃除をしてくれるおばちゃんがいます。それぞれの役割が全部機能しないと、会社は回りません。

1. ヘルパーT細胞

免疫の司令塔です。マクロファージ(偵察&初期攻撃隊)から敵(病原菌抗原)の情報を受け取り、B細胞に抗体(抗原をやっつける武器)を作るよう指令を出します。また、マクロファージと共同で、キラーT細胞、NK細胞を元気にさせます。

2. B細胞

B細胞は、骨髄で産生され胸腺を経由することなく血液中に入ります。ヘルパーT細胞の攻撃指令を受けて、敵をやっつけることができる抗体(武器)を作るリンパ球です。

3. サプレッサーT細胞

ストッパー役。抗体が外敵撃退に成功したら、もうこれ以上抗体を作らなくてよいと、B細胞に指示します。これで身体は、外敵侵入前の状態にリセットします。サプレッサーT細胞の指令が不完全で、攻撃停止の命令が正確に伝わらずに攻撃をし続けている状態がアレルギーです。アレルギーは、免疫作用が強すぎて起こるイメージがありますが、実はサプレッサーT細胞がその役割を果たせないことに起因しているので、免疫の未成熟状態なのです。

4. キラーT細胞

ヘルパーT細胞から指令があると、ウイルス感染細胞、がん細胞などを認識して破壊します。殺し屋という意味で、キラーT細胞と呼ばれます。

5. NK細胞(ナチュラル・キラー)

NK細胞は、常時、独自に体内をパトロールし、がん細胞やウイルスなどの外敵が侵入すると、攻撃命令なしに単独で立ち向かい、ウイルスなどを殺す強力なリンパ球です。キラーT細胞は、外敵と味方を勉強して判別できるようになるのですが、NK細胞は生まれつき外敵を攻撃する能力を持っているので、ナチュラル・キラーと名付けられたのです。

次回は、免疫力を高めるための知識です。