カテゴリー
感染症・免疫

長引く風邪症状は? 非結核性抗酸菌症、マイコプラズマ肺炎

2016年12月01日

インフルエンザが例年よりも早く流行しています。この季節に咳や熱などの症状があると、最初にインフルエンザを疑いますが、インフルエンザは一般的には1週間から10日程度で回復します。2週間以上にわたって咳や熱が続いている場合は、非結核性抗酸菌症やマイコプラズマ肺炎の可能性があります。

非結核性抗酸菌症とは、結核菌以外の抗酸菌の感染で起こる病気です。主に気管支や肺に炎症を起こすことで、咳が長引きますが、結核のように周りに感染させることはありません。患者は、中高年に多く、男女比では女性の方が多い傾向があります。抗生剤が効きにくいので、治療は長期になることがしばしばです。対策は、治療と並行して免疫力を高めることが必要ですから、バランスの良い食事や規則正しい生活です。

マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマの感染で秋から冬にかけて増加する感染症で、子供や若者に多く見られます。症状は発熱と咳ですが、咳の特徴として乾いた咳で痰を伴わないのが特徴です。周りに感染させる可能性がありますので、感染防止の対策としてうがいや手洗いを心掛けてください。

非結核性抗酸菌症とマイコプラズマ肺炎は、近年増加傾向にあります。普段から感染防止のための健康管理が重要ですので、本ブログを参考にして免疫力を高めていただければ幸いです。

 

抗インフルエンザ薬はコスパ悪し ⇒ 感染防止が重要

2016年11月20日

11月の終盤になり、インフルエンザが流行する季節になってきました。現時点では、例年の5倍も感染者が増えているそうですので、要注意です。インフルエンザに感染した場合には、抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザなど)が汎用されています。抗インフルエンザ薬は、インフルエンザウイルスを殺す薬ではなく、増殖を抑えるものです。従って、インフルエンザに感染した初期の段階で投与することで、ウイルスの増殖が抑えられるので、回復までの期間が短縮し、重症化を防ぐために使用されます。感染してからの期間が長くなると、既にウイルスの量が増えてしまっているので、抗ウイルス薬としての効果はありません。

インフルエンザの感染で、抗インフルエンザ薬を使用しなかった場合に重症化して入院する確率は2.11%ですが、抗インフルエンザ薬を使用することで0.37%に低下させることになります。従って、抗インフルエンザ薬が重症化を防いで入院患者を減らしていることは間違いありません。ですが、入院患者を1人減らすために必要な抗インフルエンザ薬の値段を計算すると、約20万円にもなるのです。製薬会社や医療機関の収入面からみればOKですが、コスパとしては決して良いものではありませんので、感染しないように防御することが重要です。

風邪をひいて熱を出した時には、抗生物質と解熱剤とおもわれている方もいるようですが、風邪の90%程度はウイルス性なので、抗生物質は効きません。また、熱が出るのはウイルスが熱に弱いので、体の防御反応として熱を出しています。故に、解熱剤で平熱にしてしまうと、免疫力が低下して回復が遅れます。高熱で解熱剤を使用する場合は、37~38℃位までの薬量にします。(本ブログ2013年12月10日の風邪への対処法、2014年6月1日の解熱剤で免疫力低下)

インフルエンザは、予防注射で感染する確率を下げることができます。1回の注射では感染を約50%程度減少させ、2回注射では70~80%程度低下させるのですが、予防注射を2回しても4~5人に1人は感染します。予防注射は、午後よりも午前中にすると抗体価が高くなりやすくてより感染しにくくなりますので、午前中に実施している病院を選んでください。。

私たちの防衛策として、うがい、手洗い、水分補給、部屋の加湿、有酸素運動やバランスの良い食事による体力増強などで、感染しないようにしましょう。うがいは、喉が腫れて痛い時などはうがい薬を使いますが、通常の健康状態のときは水道水でOKです。殺菌作用のあるうがい薬を健康時から常用していると、有用菌まで殺してしまうので、逆効果になるからです。こまめな水分補給は、喉の菌やウイルスを洗い流すのに有効で、飲み込んで胃に入ると胃酸で死んでしまいます。食事は、体を温めるものを摂って、食後にはヨーグルトなどの乳酸菌で免疫力を鍛えましょう。私の研究している漢方飲料の“美露仙寿”(めいるせんじゅ)は、免疫細胞の活性化や基礎代謝の向上、乳酸菌の増加作用などが確認されています。多くの愛飲者から、風邪をひかなくなったとのお声をいただいています。特にこの時期は、受験生にもお勧めです。

免疫(3)

2014年12月10日

運動と免疫力

 運動には、大きく見て、2つの面から免疫力をアップする働きがあります。1つ目は前回の説明にあった腸内細菌を改善する働きで、2つ目は基礎代謝の向上に起因するものです。

  • 運動と腸内細菌環境

前回も説明したように、腸内細菌の環境を示す指標の代表は排便間隔であり、便秘は腸内細菌環境の悪化状態を示しています。便秘は、男性には少なくて女性の方が成り易いことは、皆様ご理解のことと思います。何故に女性が便秘に成り易いかというと、筋肉量と女性ホルモンが原因になっています。腸などの臓器は、筋肉が定位置に支えているので、筋肉量が少ないと下腹部に落ちてきてしまうので、狭い空間に窮屈な形で存在することになります。この狭い空間では、蠕動運動がし難いので、便通が悪くなります。また、女性ホルモン(黄体ホルモン)は、腸の蠕動運動を弱くします。さらに、排便には蠕動運動に加えて腹筋の助けをかりるので、筋肉量が乏しいと排便がし難くなります。多くの女性は筋肉量が少ないので、便秘に成り易いのでのす。逆の見方をすると、日常的に運動している女性で、常習便秘は聞きません。 また、後述のように、運動をすることで体温が上がるので、腸内細菌は春が来て暖かくなった時の動物、植物、昆虫などのように、活発に活動するようになり、腸内細菌環境が改善します。

  • 運動と免疫力

免疫力は体温(基礎代謝)と密接に関係していて、体温が1℃低下すると免疫力は約30%低下します。半世紀前の日本人の平均体温は36.89℃でしたが、現在の平均値は36.20℃に低下して、その差は0.69℃もあります。高い免疫力を保って健康であるためには、37℃近い体温が理想的であるので、50年前の日本人の生活パターンの方が健康に良いことになります。

体温を作っているのは筋肉で、ブドウ糖(血糖)を呼吸で吸収した酸素で燃やして、火力発電所のような原動力にしています。この時に熱が出るので、体温は筋肉の量に比例します。即ち、運動で筋肉の量が増えると、体温が上がって、免疫細胞が居心地がよくなるので活動が盛んになり、免疫力が高くなるのです。ただし、激し過ぎる運動は、筋肉量は増えるのですが、過度の呼吸で活性酸素が大量に発生するので、体中の組織に加え免疫細胞もダメージを受けてしまい、逆に免疫力が低下します。限界まで鍛えているオリンピック選手やプロの運動選手のようなアスリートは、免疫力は低下して風邪などに罹る可能性が高まりますし、長生きはできません。健康作りの運動は、ウォーキング、ラジオ体操、ダンスなど、楽しく行える程度が良いのです。この様な運動の後は、血行が良くなり体温も上昇します。運動を始めたばかりには、免疫力も一時的に上昇しますが、次第に低下します。しかし、これを毎日繰り返すことで、免疫力が低下する時期が無くなり、常に高い状態に維持されるのです。ですから、日常的に軽い運動をするのがポイントです。運動の種類は、各自の好みがあります。楽しいと思う運動が、最も免疫力を上げることがわかっています。家族や友人と、楽しめる運動をしましょう。

私の場合は、週に3回くらいプール行っています。泳ぐ前にはサウナに入って体を温め、1500メートル位泳いで、その後は風呂に浸かって温まります。これに加えて美露仙寿を飲んでいるので、風邪などで寝込んだのは何年前だったのか、記憶に無い程に健康です。忙しい方も、電車やバスなどの乗り物の使用を減らして歩くこと、主婦の方は掃除などの家事も手作業が健康を作ることになります。体を動かしましょう。

免疫(2)

2014年12月01日

病気の原因には、細菌やウイルスなどの感染症とがんなどがあります。これらの侵略から身体を守るには、前回の説明のように、細菌には主に好中球、ウイルス感染細胞の処理は主にキラーT細胞、がん細胞の処理はNK細胞などの防御力が重要です。この防御の力の強弱(免疫力)を表すものに「NK活性」があります。

NK活性と免疫力の関係

免疫力が高い・低いといった言葉で表現される指標の1つが「NK活性」です。NK細胞は、体の中の異物を「外敵」と見分け、最初に攻撃を仕掛けます。その攻撃能力の差が「NK活性」で、NK細胞に特定のがん細胞を与え、4時間でそのうちの何%を殺すことが出来るのかを評価した値をいいます。この値が高ければ「免疫がよく働いている」、「免疫力が高い」と考えられ、がんのみならず、風邪などの一般的な病気にかかりにくくなる傾向があります。下の図のように、10個のがん細胞のうち4個を殺したとすると、NK活性は40%と表されます。通常、40%前後の値を示す人が最も多いです。しかし、NK活性は20歳前後に最も高くなり、その後は加齢と共に値が下がっていきますが、その下がり方は個人差があります。また、同じ人でも日によって値が上下し、最もマイナスの影響が大きいのがストレスで、逆に“笑い”でNK細胞は活性化します。中高年になった時、免疫力を如何に高く維持しているかが重要です。

NK活性を上昇させて免疫力をアップする対策で、自分でできるものは大きく2つあります。1つは、バランスの良い食事により、腸内細菌の環境を整えることで、2つ目は運動で筋肉をつけて体温を上げることです。最初に、腸内細菌と免疫力の関係を説明します。

腸内細菌と免疫力

私たちの体は、口から胃・腸へと続くトンネルのような構造になっているため、腸には口を通じて体に入る食べ物のほかにも、細菌やウイルスなどの病原体が沢山入ってきます。そうした病原体の侵入をくい止めるのも、腸の大切な役目。つまり、腸は体内にありながらも、外界からの病原体の侵入をくい止める最大の免疫器官なのです。

免疫系は病原菌などの細菌から身を守るために、細菌を排除していると考えられてきました。しかし、従来の概念とは一見反対に、免疫系は腸内の細菌を排除しないだけでなく、代わりに腸内細菌のバランスを積極的に維持することでも、人の健康を保っていることが明らかになってきました。人の腸の中には、約500種類以上、約100兆個、総重量1~1.5kgの細菌が住み着いていています。腸内細菌の種類は、乳酸菌を代表とする善玉菌と、有害菌(悪玉菌)であるウェルシュ菌などに加え、腸内の環境状態によって「善玉菌」と「悪玉菌」の強い方に味方する「日和見菌」という3つに分類できます。

善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌など)とは、腸内を酸性にし、病原菌をやっつけて、免疫力を高めてくれます。食べ物の消化・吸収を促進し、ビタミン合成、腸管運動促進などの働きをします。老年期には減少します。

悪玉菌(ウェルシュ菌、ブドウ球菌、大腸菌、バクテロイデスなど)とは、腸内をアルカリ性にし、腸内の腐敗を促進し、発がん物資や毒素のある有害物質を作り出します。下痢や便秘を引き起こし、体の抵抗力を弱めます。老年期に増加します。

日和見菌とは、食べ物や体調によって善玉・悪玉の強い方に傾く気分屋の菌です。例えば、ビタミンの合成、病原菌感染を防ぐという有用な働きを持つ反面、腸内の腐敗、発ガン物質の生産、腹部を膨張させるといった悪さもします。

腸管の表面には栄養を吸収するために、ビロードのように1ミリに満たない毛が密集しています。これを広げて伸ばすと400平方メートルもの面積(テニスコート大)になります。ここは、食べ物と細菌などの異物で常時覆われています。免疫で体を守るために、マクロファージやリンパ球もびっしり張り詰めて備えています。すなわち、腸管にはからだ全体の免疫細胞の6~7割、抗体を作る細胞であるBリンパ球については約8割が集まって働いています。腸内細菌が免疫に関与する機序は完全には解明されていませんが、腸管を刺激することにより、NK細胞などの免疫細胞を活性化し、B細胞は毎日1グラム以上の抗体を作り続けて腸管内に分泌し、侵入してくる敵と戦っています。

善玉菌を増やして腸内細菌叢を改善させる策としては、ヨーグルト、味噌・醤油・納豆などの発酵食品や食物繊維を含む野菜類などの食品と有酸素運動の組み合わせが知られています。以前にテレビで、ヨーグルトや納豆が健康に良いとの放送があった時、一時的にマーケットからこれらの商品が消えたことがありました。いくら健康に良い成分を含んだ食品であっても、そればかり食べていると栄養が偏って、逆に健康を害します。毎日、少しづつ食事に組み合わせていくことが肝心なのです。野菜や果物も献立に入れますが、やはり季節の旬のものが健康には1番です。例えば、同じトマトでも夏の露地物と冬場の温室栽培の物では、見た目は同じですが、栄養価は圧倒的に露地物が優れています。さらに、熱い夏の時期の露地物は体を冷やし、冬の野菜(カボチャや大根の煮物など)は体を温める効果があります。魚も、今の季節では秋刀魚が一番安くて、美味しく、栄養価も良いのです。季節の旬のものを多種類組み合わせた献立に、ヨーグルトや季節の果物をデザートにしましょう。なお、肉類は身体の細胞を作るのに不可欠ですが、動物性脂肪を摂り過ぎると、腸内細菌は悪玉菌が優位になります。上質な肉を適量摂ることが大切です。 

腸内細菌が善玉菌優位であるかを実際に測定することは、大変な作業になりますので、実用的ではありません。腸内細菌の状態を知るもっとも簡単な方法は、便通です。毎朝、柔らかで黄褐色の便が出ていれば、腸内細菌のバランスが最良な状態です。便が腸内に留まる時間が1日であれば柔らかで黄褐色ですが、長くなるに従い色は黒くなり、水分が少なくなるので固くなり、さらに長くなると真っ黒なコロコロ便になります。このような便秘状態では、腸内細菌は悪玉菌が優位になっています。排便間隔と色と固さが、腸内細菌バランスの良し悪しの指標になりますので、要チェックです。

なお、便秘解消のための下剤は、マグネシウムなどの塩類下剤や腸管粘膜を刺激して蠕動運動を強制する刺激性下剤が汎用されていますが、これらは習慣性が強いために便秘の更なる悪化を招きます。上記の食べ物をバランスよく食事に取り入れてください。運動については、腸内細菌を整える働きと、体温を上げて免疫力を上げる働きがありますが、これらは次回に説明します。

免疫(1)

2014年11月20日

 月日の経つのは早いものです。ハロウィンの仮装も終わって、街はクリスマスの雰囲気に染まってきました。毎年、この時期になると流行るのが風邪です。周りにも風邪ひきさんを見かけるようになりました。マスクをしている方も多く見かけます。何時も不思議に思っているのは、鼻を出してマスクをしている人です。何のためにしているのでしょうか?全く意味をなしていません。質問したいと思いつつも、失礼なのでそれも出来ずに、?????ばかりです。

昨年の12月10日のブログに書きましたが、風邪の原因の80~90%はウイルスです。ウイルスには抗生物質は効きません。ウイルスを殺す薬は無いので、治すには免疫力しかありません。(インフルエンザに使うタミフルやリレンザは、ウイルスの増殖を抑えているだけで、殺している訳ではありません。また、風邪薬は、症状は強制的に抑えますが、原因となるウイルスをより長い期間体内に留めることになります。)美露仙寿の集いに参加されている会員さんは、免疫について専門家並みの知識を持っておられる方も多いのですが、一般の方は殆ど知識が無いようです。今回から、シリーズで免疫を勉強していただき、風邪などひかない身体作りを目指しましょう。初回は、免疫細胞の役割分担です。

免疫力とは?

免疫力とは文字通り、疫(流行性の病気、はやりやまい、疫病などの病気)から免れる(まぬがれる)力のこと。病原菌などが体内に入っても、この免疫力が高ければ発症には至らず、発症した場合でも免疫細胞が病原菌やウイルスと闘い体を守ってくれます。

免疫力は、20歳前後をピークに年齢とともに衰え低下していきます。さらに偏った食生活や運動不足などの生活習慣やストレスなどによっても低下します。免疫力が低下すると、インフルエンザなどの感染症にかかりやすくなり、心筋梗塞、糖尿病などの生活習慣病、さらにはガンなど命を脅かす病気を招くことにもなります。免疫力を向上させることは、より元気な体を維持するためには不可欠なのです。

免疫と白血球

免疫細胞とは、血液中に含まれる白血球のこと。血液を通じていたるところに存在し、全身をくまなくパトロールすることで、常に病原体から体を守ってくれているのです。白血球には種類ごとに、「外敵を発見する」「その情報を伝達する」「外敵を攻撃する」など、異なった役割があります。例えるなら、日本の国(身体)を守る自衛隊(免疫細胞)のようなシステムが機能しています。司令官(ヘルパーT細胞)が外敵への攻撃を指示すると、陸、海、空の部隊(好中球、NK細胞、B細胞、T細胞)が敵(病原菌やウイルス)と戦うのです。それぞれの役割分担を説明します。

  • マクロファージ

アメーバ状の細胞。体内に侵入してきた異物(抗原)を発見すると急行し、自分の中に細菌、ウイルス、ホコリなど次々と取り込んで貪食処理します。貪食処理し切れない場合は、「外敵が来た!」とヘルパーT細胞に敵の情報を伝え、助けを求めます。また、ヘルパーT細胞と共同で、がん細胞などを攻撃するNK細胞を活性化(元気)します。

  • 好中球

好中球は強い貪食・殺菌能力を持っていて、主に細菌やカビを貪食します。好中球が戦に勝った後に、名誉の戦死したものが“膿”です。

  • リンパ球

リンパ球には、ヘルパーT細胞、キラーT細胞、サプレッサーT細胞、B細胞、NK(ナチュラル・キラー)細胞などがあり、それぞれ役割分担があります。会社でも、社長、営業、経理、庶務に掃除をしてくれるおばちゃんがいます。それぞれの役割が全部機能しないと、会社は回りません。

1. ヘルパーT細胞

免疫の司令塔です。マクロファージ(偵察&初期攻撃隊)から敵(病原菌=抗原)の情報を受け取り、B細胞に抗体(抗原をやっつける武器)を作るよう指令を出します。また、マクロファージと共同で、キラーT細胞、NK細胞を元気にさせます。

2. B細胞

B細胞は、骨髄で産生され胸腺を経由することなく血液中に入ります。ヘルパーT細胞の攻撃指令を受けて、敵をやっつけることができる抗体(武器)を作るリンパ球です。

3. サプレッサーT細胞

ストッパー役。抗体が外敵撃退に成功したら、もうこれ以上抗体を作らなくてよいと、B細胞に指示します。これで身体は、外敵侵入前の状態にリセットします。サプレッサーT細胞の指令が不完全で、攻撃停止の命令が正確に伝わらずに攻撃をし続けている状態がアレルギーです。アレルギーは、免疫作用が強すぎて起こるイメージがありますが、実はサプレッサーT細胞がその役割を果たせないことに起因しているので、免疫の未成熟状態なのです。

4. キラーT細胞

ヘルパーT細胞から指令があると、ウイルス感染細胞、がん細胞などを認識して破壊します。殺し屋という意味で、キラーT細胞と呼ばれます。

5. NK細胞(ナチュラル・キラー)

NK細胞は、常時、独自に体内をパトロールし、がん細胞やウイルスなどの外敵が侵入すると、攻撃命令なしに単独で立ち向かい、ウイルスなどを殺す強力なリンパ球です。キラーT細胞は、外敵と味方を勉強して判別できるようになるのですが、NK細胞は生まれつき外敵を攻撃する能力を持っているので、ナチュラル・キラーと名付けられたのです。

次回は、免疫力を高めるための知識です。

2 / 212