カテゴリー
健康管理

新型コロナ後遺症における漢方の可能性(クコを中心に)

2021年09月27日

新型コロナウイルスに多くの方が感染し、入院もできずに自宅療養(現実は放置状態)せざるを得ない状態が続いています。感染から回復した後も後遺症に苦しめられるケースが多いのですが、対応できる専門病院や外来は少ないのが現状です。後遺症は、倦怠感、味覚・嗅覚障害、脱毛、咳・痰、集中力・記憶力の低下など様々な全身症状ですが、検査しても肺や脳などには異常が認められず、原因不明の症例が殆どです。故に、治療はこれらの症状を緩和させる対症療法になっています。そこで、これらの後遺症の緩和ならびに根本的治癒を目的とした漢方の可能性を考察します。

医薬品と漢方の違いを、図に示しました。右に示した医薬品の成分は、一般的には単一の化学薬品なので、ピストルの弾に例えられます。咳や味覚障害、不眠などの的(症状)に当たれば、比較的強力に効果を発揮します。しかし、原因という的はハッキリしないので、命中させることは難しいのです。これに対して、左に示した漢方は多数の有効成分を含んでいるので、散弾銃に例えられます。自然の植物由来なので散弾の1粒(成分量)は小さいので、効き目は穏やかであり、効果が出るまでには時間を要する場合が一般的です。しかし、多数の小さな散弾(多種の成分)は広範囲に広がって、多くの症状や不明な原因にまでも命中することで、全身の症状を緩和する確率が高いのです。

漢方で上品薬(副作用が極めて少なく、効き目の穏やかな漢方薬の分類)として用いられるクコによる全身の症状緩和の医学研究論文を紹介します。クコの果汁を飲んだグループと偽の果汁を飲んだグループを30日後に比較すると、クコ果汁を飲んだグループのみで脱力感、疲労感、ストレス、息切れ、集中力、睡眠の質などの全身症状の改善が明らかになっています(J Med Food. 2012 ,15(11):1006-14、The J of Alternative and Complementary Medicine 2008, 14(4) 1089 )。また、酸化ストレス(身体の錆び)は90%以上の疾患の発症に関与する因子と考えられていますが、これらを防ぐ代表が抗酸化酵素のSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)やGSH-Px(グルタチオンペルオキシダーゼ)です。これらの抗酸化酵素も、30日間のクコ果汁の飲用で統計学的に明らかに改善(Nutrition research 2009, 29: 19-25)していますので、全身における疾患の発症の予防や改善に寄与する可能性を示しています。

同様に、クコを主材料とする健康飲料でも、ウイルスに感染した細胞を攻撃するキラーT細胞(CD8発現T細胞)の活性の上昇や、疲労の軽減に働くHSP(ヒートショック蛋白)、GSH(抗酸化物質グルタチオン)の増加(医学検査2012, 61(3): 541-547)、血流の増加(Int. J. Phytomedicine 2016, 8: 353-358)、冷え性や便秘などの未病の改善(日本未病システム学会雑誌 2015, 21(3): 1-6)など、全身の症状の改善が報告されています。

現時点では、漢方がコロナ後遺症に有効である直接データはありませんが、これらの研究論文からクコなどの漢方が全身症状の予防や改善への寄与が示されていますので、コロナ後遺症の全身的な症状も改善する可能性を示唆しています。漢方は数千年の昔から用いられている古き治療法ではありますが、最先端の治療法にもなり得ます。試してみる価値は十二分にあるでしょう!

再開

2021年09月27日

本ブログは、1年半ほど休止しておりましたが、この間にも多くの方にお読みいただいておりました。また、「再開して欲しい」とのご意見も頂戴しておりましたので、本日から再開します。記事の掲載は不定期になりますが、皆様のお役に立つ内容をお届けします。

充電

2020年02月01日

本ブログをご愛読いただきまして、有り難うございます。お陰様にて、執筆開始から約7年になりました。この間に沢山のアクセスをいただきました。特に、基準範囲とコレステロールの記事には、大きな反響をいただきました。

本ブログが、皆様方の健康増進により寄与するブログであることを考えた結果、暫くの間は充電期間として、パワーアップしようという結論に至りました。充電期間においても、急いでお知らせしたい内容がありました場合は掲載します。ご了承の程、お願いいたします。

 

高齢者の医療費負担増に備えて健康貯金の年にしましょう!

2020年01月01日

新年明けましておめでとうございます。1年の計は元旦に有り。将来の高齢者の医療費負担増に備えて、年の始めから健康貯金(健康な身体作り)をしましょう。

政府の全世代型社会保障検討会議は、中間報告をまとめました。その内容は、75歳以上の高齢者が医療機関で支払う窓口負担金について、2022年度初めまでに一定所得以上の方は2割に増額する枠を作る方針を示しています。現役並の所得のある方は3割負担のままで継続です。一定所得以下の方は、現状維持の1割負担ですが、多くの方で医療費の窓口負担は増えそうです。例えば、高血圧で治療を受けている方の平均支払額は3万円程度ですが、2割負担になると約6万円に増額します。

医療費の負担金額を抑えるためには、普段から健康貯金(健康な身体作り)をしておくことが必要です。本ブログでは、毎回のように主張していますが、健康の基本は①バランスの良い食事(糖質制限で老化?サプリ製品の4割は溶けず⇒吸収されず無効朝食抜きが太るメカニズム多種類の食品が健康寿命を延ばす)と②適度な運動(1日の歩数が減少4人に1人が運動不足)です。

自宅で健康状態を推測する方法は、便の状態を見ることです(元気なセンテナリアン(百寿者)になろう!(3:健康維持))。黄~褐色の柔らかな便がバナナ1本分くらいの量で毎日出れば、健康状態は良好と考えられます。格言の『ローマは1日にして成らず』のように、健康は毎日の積み重ねです。医療費を支払わなくても良い健康な身体作りを、年の初めに取り入れましょう!

皆様のこの一年の健康を、本ブログがアシスト出来ますように!

 

1日の歩数が減少

2019年12月10日

ウォーキングは、健康推進や生活習慣病の予防のための最も一般的な運動として認知されており、その効果は血流や代謝がよくなることで血中脂質や血糖値、血圧の状態の改善などに有効です。

東京医大の研究グループが3814人のデータを分析した結果では、1日当たりの歩数が2000年までは増加傾向に有り8235歩であったのですが、2016年には7168歩になり、1日当たり約1000歩も減少していました。1日に1万歩以上歩く人の割合も、2000年の男性29.6%、女性22.3%から、それぞれ18.6%と11.8%に減少していました。

本ブログでは度々示しているように、健康の基本はバランスの良い食事と適度な運動です。ウォーキングは、時間にとらわれずに、誰にでも簡単にできて、お金もかからない、最も優れた健康管理のツールです。仕事への行き帰りや、買い物の途中でも、余計に歩くことが健康長寿のためにプラスになります。

 

1 / 3112345...最後