カテゴリー
健康管理

高齢者の医療費負担増に備えて健康貯金の年にしましょう!

2020年01月01日

新年明けましておめでとうございます。1年の計は元旦に有り。将来の高齢者の医療費負担増に備えて、年の始めから健康貯金(健康な身体作り)をしましょう。

政府の全世代型社会保障検討会議は、中間報告をまとめました。その内容は、75歳以上の高齢者が医療機関で支払う窓口負担金について、2022年度初めまでに一定所得以上の方は2割に増額する枠を作る方針を示しています。現役並の所得のある方は3割負担のままで継続です。一定所得以下の方は、現状維持の1割負担ですが、多くの方で医療費の窓口負担は増えそうです。例えば、高血圧で治療を受けている方の平均支払額は3万円程度ですが、2割負担になると約6万円に増額します。

医療費の負担金額を抑えるためには、普段から健康貯金(健康な身体作り)をしておくことが必要です。本ブログでは、毎回のように主張していますが、健康の基本は①バランスの良い食事(糖質制限で老化?サプリ製品の4割は溶けず⇒吸収されず無効朝食抜きが太るメカニズム多種類の食品が健康寿命を延ばす)と②適度な運動(1日の歩数が減少4人に1人が運動不足)です。

自宅で健康状態を推測する方法は、便の状態を見ることです(元気なセンテナリアン(百寿者)になろう!(3:健康維持))。黄~褐色の柔らかな便がバナナ1本分くらいの量で毎日出れば、健康状態は良好と考えられます。格言の『ローマは1日にして成らず』のように、健康は毎日の積み重ねです。医療費を支払わなくても良い健康な身体作りを、年の初めに取り入れましょう!

皆様のこの一年の健康を、本ブログがアシスト出来ますように!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日の歩数が減少

2019年12月10日

ウォーキングは、健康推進や生活習慣病の予防のための最も一般的な運動として認知されており、その効果は血流や代謝がよくなることで血中脂質や血糖値、血圧の状態の改善などに有効です。

東京医大の研究グループが3814人のデータを分析した結果では、1日当たりの歩数が2000年までは増加傾向に有り8235歩であったのですが、2016年には7168歩になり、1日当たり約1000歩も減少していました。1日に1万歩以上歩く人の割合も、2000年の男性29.6%、女性22.3%から、それぞれ18.6%と11.8%に減少していました。

本ブログでは度々示しているように、健康の基本はバランスの良い食事と適度な運動です。ウォーキングは、時間にとらわれずに、誰にでも簡単にできて、お金もかからない、最も優れた健康管理のツールです。仕事への行き帰りや、買い物の途中でも、余計に歩くことが健康長寿のためにプラスになります。

 

元気なセンテナリアン(百寿者)になろう!(3:認知症予防)

2019年11月20日

認知症は、大きく分類すると①アルツハイマー型、②レビー小体型、③脳血管型の3種類があります。最も発症頻度の高いアルツハイマー型は、脳の神経細胞が死滅して、脳が萎縮します。進行速度は、比較的ゆっくりのことが多いです。レビー小体型は、レビー小体と言う物質が脳神経を壊死させてしまうことで発症します。脳血管型は、脳卒中などが原因で、脳神経細胞が壊死することで発症し、急激に進行することがしばしばです。

アルツハイマー型認知症の治療薬は、早期ではある程度の効果が認められていますが、進行した症例では殆ど効果がありません。フランスの保健省では、進行したアルツハイマー型認知症での治療薬は効果が無いために、健康保険の適用が除外されています。従って、認知症にならないように普段の生活で予防することが大切です。

自宅で自分ででき、しかもお金の掛からない予防法として、運動と水の摂取が挙げられます。WHO(世界保健機構)は、認知機能の低下を予防するために、1週間で150分以上の有酸素運動を推奨しています。また、毎日1500ml以上の水をこまめに摂取することで、認知機能の予防や改善に有効であることが報告されています。水は、水道水でOKですから、殆どお金は掛かりませんし、効果も期待できますので、試してみましょう。

 

元気なセンテナリアン(百寿者)になろう!(3:健康維持)

2019年11月10日

長生きして人生を楽しむためには、健康であることが必須です。健康を害する最大の要因は、がんやウイルスおよび細菌などの感染症が挙げられます。これらの外敵から身体を守る為の免疫力の強化には、腸内細菌のバランスを整えましょう。

腸内細菌の善玉菌を増やしてバランスを整える方法として、第一には食事療法があり、お勧めは発酵食品です。発酵食品には、植物性の味噌、納豆、ぬか漬けなどがあり、動物性ではヨーグルトやチーズなどがあります。本ブログでは、これらの中でヨーグルトについて解説します。

ヨーグルトは、様々な種類の商品が売られていますが、商品により含まれる乳酸菌などの菌種が異なります。ヒトの腸内細菌は500種類以上もあり、そのバランスは全てのヒトで異なります。従って、自分の腸内細菌のバランスと何れのヨーグルトとの相性が良いかを検討することが必要です。その方法は、先ず2~3週間以上の期間で毎日食べてみます。その結果、大便(うんこ)の状態が良くなったら、相性が良いのです。変化が無い場合(状態が良くない)は、他のヨーグルトを試してみます。

便は、腸内の細菌バランスを反映しています。理想的な便の状態(腸内細菌のバランスが良い状態)は、黄色~黄褐色で、柔らかさが有り、量はバナナ1本分くらいです。便が腸内に滞在する時間が長いほど、黒く変色します。また、大腸で水分が吸収される時間が長くなるので、硬くなります。この状況では、腸内細菌の悪玉菌が優勢な状態ですので、改善しましょう。大便(うんこ)は、健康状態の指標です。排便後に観察して、健康管理に役立ててください。ヨーグルトなどの発酵食品を、毎日の食事に取り入れて、健康長寿を目指しましょう!

元気なセンテナリアン(百寿者)になろう!(2:若さを保つ)

2019年11月01日

健康長寿を目指すには、如何に老化を抑えて若さを保つかが課題となります。人間の身体機能は、20歳前後でピークに達し、その後は加齢とともに低下していきます。この下り坂の傾斜(老化の速度)は、人によって大きな差がでていますが、老化の要因として考えられているのが、活性酸素による身体のダメージ(錆び)です。

呼吸して取り入れた酸素の約2%は、活性酸素となり、身体を錆びさせる原因となります。イメージとしては、鉄が錆びて赤く変色するのは、酸素と結合して酸化鉄になるためで、放っておくと鉄はボロボロに変化していく反応と同じです。活性酸素は、一部は白血球が外敵と戦う時の武器として使用されるので有用な物質ではあるのですが、その量が多すぎると自分の身体も攻撃して錆びさせる危険物質となってしまいます。また、殆どの病気の発症機序に、活性酸素による酸化ストレスが関与しているとも考えられています。従って、健康長寿には活性酸素のダメージを如何に避けるかが重要です。この酸化(酸素と結合した錆び)をとる働きをするのが、SOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)とよばれる抗酸化酵素(さび取り酵素=若返り酵素、長生き酵素)です。この酵素は、高齢化とともに急激に低下してしまうので、その低下を抑えることが若さと健康を保つには不可欠です。

抗酸化酵素のSODを増やす方法は、適度な運動です。還暦を過ぎると、若い人と老化の進んだ人に差が目立つようになりますが、若さを保っている人の殆どは、適度な運動をしています。運動によりSODが活性化して、身体の錆びをとることで、若さを保っているのです。だたし、運動はやり過ぎると逆に活性酸素を増やしてしまうので、楽しいと感じる程度の適度な運動(朝晩のウォーキングなど)がベストです(毎日8000歩で死亡リスク半減)。

抗酸化を助けてくれるのは、緑黄色野菜や果物に含まれるビタミンやポリフェノール類です。毎食にこれらをバランス良く取り入れることが必要です。なお、健康食品の水素水が活性酸素と結合して無害な水にするという触れ込みで売られていますが、医学的根拠はありません。悪質な健康食品業者が業務改善命令を受けるケースで最も多いのが、水素水です。ご注意下さい(根拠のない健康食品(特に水素水)にご注意60歳代の4割が健康食品やサプリを利用 ⇒ 選び方)。

本ブログでは、毎回のように、健康長寿にはバランスの良い食事と適度な運動を推奨していますが、その理由の一端をご理解いただけたかと思います。毎日の習慣に取り入れて下さい。

 

 

 

 

1 / 3112345...最後