カテゴリー
高血圧・高脂血症・高血糖

コレステロール:糖質制限により急上昇のメカニズム

2018年08月01日

糖質制限により脂質(総コレステロール、中性脂肪、LDL、HDL)が上昇したとの相談を複数の方からいただきましたので、その機序を説明します。

コレステロールは、食事から20~30%、体内合成が70~80%で成り立っていて、食事で摂取する量が多ければ、体内合成が減って、トータルで一定になるように調整されています。ところが、極端な糖質制限をするとエネルギー源の殆どが脂質とタンパク質になります。食事からの脂質の摂取量が極端に増えると、体内の合成を減らす調節が対応出来ずに、脂質(総コレステロール、中性脂肪、LDL、HDL)が増えていきます。

糖質は取り過ぎるといけないのですが、極端な糖質制限は栄養バランスを崩すので、健康を害する因子になります(糖質制限で糖尿病のリスク増)。理想的で健康的な栄養の取り方は、糖質50%でタンパク質と脂質で50%です(健康長寿は炭水化物の減と脂肪の増)。

なお、LDLが高いと血管を詰まらせて心筋梗塞などを引き起こすというのは、単なる脅しで医学的根拠はありません。アメリカではコレステロール値の測定は必要ないし、高くても治療はしません。(遺伝性の高脂血症を除く)(コレステロール:アメリカでは検査も治療も必要なし )しかしながら、何事もバランスが大事です。
私の意見は、極端な糖質制限を止めて、食事のバランスを糖質50%とタンパク質と脂質で50%にすることです。理想的な食事のバランスは、糖尿病の食事療法であり、これは健康な方にも適用されます。

コレステロール:検診や治療で心筋梗塞や脳卒中は減らない

2018年07月20日

前回の本ブログで、アメリカではコレステロールは測定も治療も行わないことを記載しました(コレステロール:アメリカでは検査も治療も必要なし)。この根拠について、追加の説明です。

日本では、2008年からメタボ健診が行われています。検診で指導対象になると、1年後には腹囲は2~3 cm、体重は2~2.3 kg 程度低下し、脂質代謝が改善します。「コレステロールが血管を詰まらせ心筋梗塞や脳卒中を引き起こす」のが事実であるならば、メタボ健診が始まってから10年が経過した現時点では、これらの発症率や死亡者数が激減してるはずです。しかし、肝心の心筋梗塞や脳卒中の発症率や死亡率が改善したというデータは未だにありません。従って、本ブログで度々主張しているように、コレステロールが基準値を超えても血管を詰まらせて心筋梗塞や脳卒中を起こすことと関連はないのです。(検診で病人にされる病人を作る検診・ドック腹囲(メタボ健診)に根拠無し

コレステロールのみならず、検診も死亡率を低下させる効果が無く税金の無駄使いとの考えから、欧米では行われていません(がん検診で死亡率は低下しない)。英国の医学雑誌(BMJ:British Medical Journal)の2012年の論文では、欧米の信頼性の高い14の臨床試験での18.3万人を総合的に解析した結果、定期的に検診を受けても、心血管病やがんの死亡率は減少しないことを報告しています。デンマークでの6万人を解析した結果でも、検診を受けた人と受けない人で、心臓病や脳卒中の発症率や死亡率に違いが無いことが報告されています。このような結果から、アメリカではコレステロールの検査も治療も必要ないと判断しているのです。

既に疾患を有している方や体調不良など感じている場合は、定期検診は有用です。しかし、健康に全く違和感がない人の半分近くが異常高値になるようなコレステロールの検査や、心筋梗塞や脳卒中による死亡率が低下しない高脂血症薬の治療は本当に必要なのか、読者の皆様はどの様にお考えでしょうか?

 

 

コレステロール:アメリカでは検査も治療も必要なし

2018年07月10日

無料健康相談には、多くの方からの相談が寄せられています。中でも圧倒的に多いのが、コレステロール(総コレステロール、LDLコレステロール)に関するものです。その内容は、「コレステロールが基準値を超え、医師から血管が詰まって死ぬから高脂血症薬を飲むように言われたが、飲みたくない。」というものです。薬を飲むか否かは本人が決めることですので、その決断の参考になる様に、次のようなことを示しています。

①現在の基準値は低すぎて、健康な中高年者の約半分は異常高値になる(病人を作る検診・ドック健常人を病人にする方法(高コレステロール)基準値(正常値)のウソが修正される?)。

②コレステロールが動脈硬化を起こして血管を詰まらせる悪者説は間違いで、真実は動脈硬化を起こした血管を修理するためにコレステロールが集まってくる(救急隊)。

③コレステロール値と心筋梗塞や脳梗塞との関係性はない。

④総コレステロールは高いよりも低い方が危険(総コレステロール値が200~280 mg/dl で死亡率が低く、160 mg/dl 以下では死亡率が4~6割程度高くなる。総コレステロールが180 mg/dl 以下では、280 mg/dl 以上よりもがん死亡率は約5倍も高い。など)

⑤アメリカでは、家族性高脂血症(遺伝性の高脂血症)でないことを確認するための検査を1回すれば、コレステロールは検査も治療も生涯にわたって必要ない。

この様なことから、特筆すべき疾患が無い場合は総コレステロールは280 mg/dl 、LDLコレステロールは180 mg/dl 位までは服薬の必要性はなく、食事や運動などの生活改善で対応すべきと考えます。逆に、薬で下げすぎることで横紋筋融解症による痛みやしびれ、免疫力の低下による罹患の危険にさらされます。

高脂血症薬は製薬会社のドル箱商品で年間売上額は数千億円、コレステロール関連の健康食品の売り上げも200~300 億円あるのです(正義(人間ドック学会の基準値)は力で潰された?)。「血管が詰まって死ぬ」という医師の脅しや、コレステロール悪者説で不安をあおることで、必要の無い薬や健康食品が売れているのです。 この販売戦略に協力するのか、このブログの主張を信じるかは、皆様の判断です(ホームページからの健康相談(高脂血症薬は飲むべきか?)高脂血症と対策響の大きかった「コレステロールの基準値と対策」)。

反響の大きかった『コレステロールの基準値と対策』

2017年07月20日

本ブログでは、コレステロールに関する記事を沢山書いてきました。特に、コレステロールの基準値の記事は反響が大きく、未だに多数のアクセスがあります。また、病院での服薬治療に対する不安や疑問を持った方々や生活習慣の改善などについて知りたいという方々が、電話やメールでの無料健康相談にお越しいただいております。そこで改めて、コレステロールに関する基準値の解釈や安全な高脂血症対策について、私見をまとめます。

①     患者数急増の原因

高脂血症と診断された人間ドックの受診者は、1990年には8.9%でしたが、2014年には33.6%に急増しています。この急増の原因の一つとして、食生活の欧米化と運動不足が挙げられていますが、主因は基準値の引き下げにあります。1976年には総コレステロールの基準値の上限は 260 mg/dl でしたが、1989年に高脂血症薬メバロチン(スタチン系)が発売されると219 mg/dlになり、2014年からは199 mg/dl に引き下げられたので、基準値を超える受診者が増えるのは当然のことです。この基準値の引き下げとコレステロール悪者説の脅しで、高脂血症薬はドル箱商品になっています。20131030日:健常人を病人にする方法(2:高コレステロール血症)

②     基準値とは?

基準値とは、健康に全く問題が無い対象者の95%が入る範囲(緑色の矢印の範囲)をいいます。従って、2.5%は基準値以下(水色の部分)になり、健康な人でも2.5%は基準値を超えます(オレンジ色)。人間ドックの受診者は殆どが病人ではないので、基準値を超える割合は2.5%を大きく超えることはないはずなのですが、30%以上の受診者(赤の部分)が高脂血症と診断されています。従って、現在の基準値の上限は、明らかに低すぎるといえます。2014年に人間ドック学会が示した基準値が本来の基準値の範囲であり、理にかなっているのです。201451日:基準値のウソが修正される?、2015年4月1日:正義(人間ドック学会の基準値)は力で潰された?

基準値3

人間ドック学会基準値6

③     対策

コレステロールは、細胞膜、ホルモン、胆汁などの原料として重要な成分ですので、低すぎると健康を害します。しかし、2014年の人間ドック学会の示した値を大きく超えることも芳しくありません。その場合の対策は、一部の家族性高脂血症の場合を除いて直ぐに服薬ではなく、食事療法と運動療法から始めるべきです。総コレステロールはLDLHDL+中性脂肪/5で計算できますが、HDLが高値になる高脂血症は殆ど無いので、LDLと中性脂肪を減少させることで総コレステロール値の低減を目指します。LDLの低減には、食事療法が主になります。食物繊維の多い野菜、キノコ、海藻などを積極的に摂り、コレステロールや脂肪酸の多い動物性脂肪、魚卵、バターなどを減らします。中性脂肪の削減には、食事療法と運動療法の両者が有効です。食事では、飲酒量の削減、お菓子やケーキ類などの甘味を控えることが必須です。中性脂肪はエネルギー源ですので、運動で燃やしてしまう事で低下します。運動は、有酸素運動を継続することが必要ですから、楽しく出来ることを選んで下さい。2016720日:高脂血症と対策201671日:「ホームページからの健康相談」の上手な利用法(LDL)

食事と運動療法2④     高脂血症薬の副作用

食事療法と運動療法で効果が認められない場合は、服薬治療に入りますが、副作用に注意してください。高脂血症薬として最も使われているのが、スタチンという種類の薬です。病院では安全な薬として処方しますが、横紋筋融解症という筋肉が溶ける副作用や肝炎を発症することがあります。横紋筋融解症の症状は、筋肉痛、手足のしびれや力が入らない、尿が赤くなるなどがあります。服薬直後に症状が出る場合もありますが、長期の服用中に徐々に出てくる場合も多くあります。その場合は服薬を止めて、症状が緩和するか様子を見て下さい。(確認は、血液検査のCKや尿のミオグロビン)20151020日:ホームページからの健康相談(高脂血症薬は飲むべきか?)

⑤     健康食品

高脂血症薬の副作用を危惧する場合、健康食品としてお勧めなのはクコ(枸杞子)です。副作用が無く長期服用できる養命薬として漢方で用いられ、近年ではスーパーフードとして日本のみならず海外のセレブにも人気の食材です。その理由は、主成分のベタインには抗脂肪肝作用や血圧降下作用、生活習慣病の予防効果に加え美容効果も期待できるからです。私の研究している美露仙寿(めいるせんじゅ)は、クコを主成分に7種類の植物の濃縮液ですが、継続飲用で総コレステロールの低減、代謝や免疫力が向上するデータなどを医学誌に掲載しています。医薬品に抵抗のある方は、試してみて下さい。201691日:枸杞子(クコシ)のコレステロール抑制効果

以上が、コレステロールに関する私の見解です。自分の健康状態を判断するのに、どの基準値を採用するか?服薬をするか否か?は、読者の皆様の判断になります。色々な情報を考慮した上で、最善な方法を選択して下さい

 

 

 

枸杞子(クコシ)のコレステロール抑制効果

2016年09月01日

(株)国際友好交易のホームページからの健康相談は、沢山の方々にご利用いただいております。ご相談で圧倒的に多いのが、LDLコレステロールまたは総コレステロールが基準値を超えて薬を処方されたが、飲むべきか?というものです。

現在の基準値は低く設定してあるので、中高年の半分以上は異常高値になってしまいます。病院は、薬を処方するのが商売なので、基準値を超えると薬をすすめてきます。しかし、健康に異常を感じていない半分以上の人が病人になることには、疑問を感じます。実際、現在の基準値の範囲内の人よりも、基準値を少し超えた人の方が、統計学的には長生きしているのです。本当に服薬は必要なのでしょうか?

私の個人的考えは、基準値を少し超えた人の場合は、薬よりも有酸素運動で基礎代謝をあげることをお勧めしています。その理由は、①コレステロールは悪者ではなく大切な栄養素なので、現在の基準値よりも少し高めの方が長生きしている、②薬には必ず副作用がある、③有酸素運動は基礎代謝を上昇させるので、免疫力の向上、糖尿病の予防、血流改善で血圧が安定するなどの他の効果もあるために、脂質のみならず全身の健康状態が改善するからです。

ベタイン

薬はお勧めしませんが、健康食品でお勧めなのは、最近スーパーフードとして話題になっているクコの実(枸杞子:クコシ)です。主成分のベタインの効果は幾つかあるのですが、多くの医学論文に掲載されているのが上図の脂質代謝効果で、その結果としての心血管疾患の予防作用です。栄養学の医学雑誌(The Jounal of Nutrition, 2008)では7074人の男女の大規模研究で、ベタイン濃度が高い人でコレステロールや中性脂肪、BMIなどが低く、HDLが高いことが報告されています。

私の研究している美露仙寿(めいるせんじゅ)は、7種類の漢方植物の抽出濃縮液ですが、主成分はクコシです。この美露仙寿を1日に4本飲んだ健常者の総コレステロール値は、3か月後に225.3 から212.2 mg/dlに有意に低下しました(医学検査、2012)。効果の見え難い健常者においても有意な低下があるので、コレステロールが高めの方にはより著しい効果が期待できます。他にも、体温上昇や血流改善などの効果もあることから、基礎代謝の向上が脂質代謝も上昇させると推測できます(未病システム学会雑誌、2015)。健康を守るには、バランスの良い食事と適度な運動が不可欠ですが、美露仙寿のような副作用の心配のない健康飲料も検討に値します。

 

1 / 41234