根拠のない健康食品(特に水素水)にご注意

2017年03月20日

消費者庁は、健康食品の水素水の販売会社のうたい文句に根拠がないとして、景品表示法違反で再発防止の措置命令を出しました。

水素水の3社の商品(ビガープライドEX、水素たっぷりのおいしい水、ナチュラ水素)ではダイエット効果や抗炎症作用など、医学的根拠がないにもかかわらずあたかもあるかのようなに表現をしていました。水素水関連は問題の多い商品が多くあり、マイナスイオン水やミネラル還元水素水などが、これまでにも公正取引委員会から排除命令を受けていた経緯があります。また水素水は、活性酸素と結合して無害な水にするとのうたい文句ですが、この反応が生体内で起こるという医学的根拠はありません。水素水の商品には水素自体を全く含まないものなども多いのが実態です。水素水は、水分補給としての摂取にはOKですが、がんの予防や改善などの効果は全く根拠がありませんので注意してください。

他にも、アスタキサンチンアイ&アイでは目の症状が改善する効果が根拠がないとして、同様に再発防止の措置命令を受けています。特定保健用食品(トクホ)でさえも、ダイエット効果をうたった500 ml の○○コーラ1本のカロリー低下作用は僅かに50 kcal 程度ですから、ご飯にすると茶碗に4分の1程度しかありません。これ以上余計に食べれば、ダイエットどころか肥満につながります。2年前から始まった機能性食品は、健康に良い成分が含まれていると表示できる制度ですが、その製品が実際に健康を維持・改善しているか否かに関係なく取得できる表示です。健康食品に関しての注意点は、以前のブログをご覧ください。2016310日:健康食品トクホ表示やうたい文句に騙されるな。2014901日&910日:特保のウソ(12

健康食品

健康食品を選ぶにあたっては、①テレビなどで宣伝していることと有効性は無関係。②医師、薬剤師や看護師などの医療職が健康相談の窓口を持っている販売会社は信用性が高い。③製品の安全性と有効性を研究して、その情報を公開しているものを選ぶ。などを参考にしてください。健康の基本は、バランスの食事と運動であり、健康食品はあくまでの補助として考えてください

 

 

中高生のピロリ菌検診

2017年03月10日

中高生を対象としたピロリ菌の検診をする自治体が拡大しています。佐賀県は2016年度から始め、鹿児島県は今年度から高校生を対象に実施の予定です。大分県や北海道でも計画中です。

ピロリ菌が胃がん発症のリスク因子であることは知られていますが、感染経路や感染による胃がん発症率などは比較的知られていないので解説します。感染経路は、子供のころに感染者の箸などからの感染が主です。一度感染すると、除菌しない限り一生涯に渡って胃の中に住み続けます。ピロリ感染3感染率は、生まれたときはゼロですが、加齢とともに上昇して、中高年では約8割が感染しています。感染すると炎症を起こすことがありますが、症状が全くない人が殆どです。ピロリ菌に感染すると胃がんを発症すると思っている方も多いのですが、実際に胃がんを発症する確率は0.5%程度(感染者の200人に1人)です。なお、胃がんを発症しても初期段階ならばほぼ100%治癒できますので、年に1度の定期検診は必須です。

ピロリ感染率

除菌は、抗生物質を1週間程度投与すれば約8割の確率で菌を除去できます。除去できなかった残りの2割の人は、抗生剤の種類を変えてさらに投与します。除菌には健康保険が適用になりますので、経済的な負担は小さくなっています。

ピロリ菌の感染率は、除菌処置などにより年々低下しています(上図)。中高生からの検診の広がりで、感染率はさらに低下することが期待されます。

 

“妊娠うつ”は大豆製品やヨーグルトで抑制

2017年03月01日

うつ病は、年々患者数の増加している疾患であり、その発症要因は精神的・肉体的なストレスによるホルモンバランスの崩れにあります。しかしながら、幸せいっぱいで幸福感を感じているはずの妊娠期間中に、“妊娠うつ”を発症する患者さんも存在します。“妊娠うつ”になり易い妊婦さんの特徴は、まじめで几帳面な性格の方です。今まで仕事や家事をバリバリこなせていたのに、妊娠を機に出来なくなったことで、自信を無くしてうつ状態に入り込んでしまうケースなどです。この“妊娠うつ”は、大豆製品やヨーグルトの摂取で発症率が低下することが、愛媛大学の研究で明らかになりました。

妊娠うつ

妊婦約1700人において、150種類の食品の摂取量と精神状態を解析しました。その結果、大豆製品(納豆、豆腐など)やヨーグルトを多く摂取したグループでは、“妊娠うつ”の発症が約6割に押さえられていました。逆に、肉(飽和脂肪酸)を多く摂取したグループでは、“妊娠うつ”になり易い傾向が見られています。

妊娠中は、抗うつ剤の使用が難しいので、ゆっくり休む事が主になりますが、上記のように食事での予防を心がけておく事も大切です。