健診データの読み方・考え方(9:肥満と糖尿病)

2019年06月20日

肥満とともに糖尿病に成り易くなることは、前々回(7: 糖尿病の検査データ)に示しました。その関係は、以下のように説明されます。

肥満の原因は、栄養の摂り過ぎです。過剰な栄養分は、脂肪細胞に蓄えられます。この脂肪細胞からは、インスリンの効果を弱めてしまう物質が分泌されます。その結果、インスリンの効きが悪くなるので、血糖値が上昇して糖尿病を発症します。

白人の場合は、祖先が狩猟民族で栄養価の高い肉類を多く摂っていたので、インスリンの分泌量が多い体質なので、肥満しても糖尿病の発症率は高くありません。日本人の祖先は農耕民族で、栄養価の低い農作物を主食にしていたので、インスリンの分泌能力は低い体質になっているのです。従って、肥満になるとインスリン抵抗性物質の増加で、糖尿病を発症しやすい体質を持っています。

利用的な体系は、BMI(体重÷身長÷身長)が22です。BMIが25以上は肥満に分類されます。食事と運動でコントロールしましょう。

健診データの読み方・考え方(8:尿糖の意味)

2019年06月10日

糖尿病は、尿に糖が出る病気と書きますが、糖尿病では常に尿糖が陽性になっているわけではありません。尿糖が陽性になる状況を説明します。

尿糖は、血糖値が170 mg/dl を超えると、超えた分だけが尿中に排泄されます。この仕組みは、①血液中の不要な物質は、腎臓で濾過されます。②血液中の糖分は、一端は濾過されるのですが、エネルギー源として身体に必要な物なので、腎臓は再吸収して血液中に戻すことで、尿中には出ないようにコントロールされています。③ところが、この糖を再吸収出来る能力は170 mg/dl までなので、この値を超えてしまうと、再吸収が間に合わなくなります。④再吸収されなかった糖分は、尿中へ排泄されます。

従って、尿糖が陰性(ー)なら血糖値は 170 mg/dl 以下で、陽性(+、2+、3+など)の場合は血糖値が 170 mg/dl を超えていることを示しており、+が大きくなるほど血糖値も高いのです。この様に、採血して血糖値を測定しなくても、大まかな血糖値が推測できます。

尿糖の試験紙は、ドラッグストアーで50枚入りが2000円位で購入できます。尿糖が陽性化しないように、コントロールしましょう。

試験紙節約の裏技:

尿検査用の試験紙を家庭で使用する場合は、下の図のように、縦に半分に切ると、1本で2回使用できます。結果は変わりませんので、節約になります。

健診データの読み方・考え方(7:糖尿病の検査データ)

2019年06月01日

糖尿病は、今や国民病になっていますが、その主原因には日本人が糖尿病になりやすい体質があります。その理由は、次のような歴史があります。日本人のルーツは農耕民族なので、カロリーの低い農作物を主食にしていたので、インスリンの分泌量が少しですんでいました。ところが、近年の飽食の時代になりカロリーの高い食べ物が増えたのですが、インスリンの分泌能力は低いままの体質は変わらないので、糖尿病を発症しやすいのです。

糖尿病の典型的な検査データを示します。空腹時の血糖値が142 mg/dl と高値なので、糖尿病が強く疑われます。その原因として、中性脂肪とγーGTが高値であることから、飲酒と過食が挙げられます。BMIも29.1で肥満があるので、長期に渡り不摂生な食生活が想像されます。クレアチニンと尿素窒素の値から、腎症の発症は無いようです。ALT(GPT)がやや高めなので脂肪肝の可能性がありますので、エコー検査や血液のコリンエステラーゼなどでの検査が必要です。また、網膜症の検査もしておくべきです。

今後は、食事療法と運動療法で生活の改善が不可欠です。