タグ
風邪

風邪とインフルエンザ(罹患時の対処)

2017年12月10日

3.症状が軽度なら入浴可

風邪をひいたときでも、入浴してさっぱりしてから寝たいものです。症状が軽度なら入浴しても可ですが、そのおおよその基準は熱が38℃以内で、酷い悪寒や倦怠感がない場合です。これ以上の症状がある場合には、体力を消耗することで状態が悪化する可能性がありますので、入浴は控えましょう。

入浴するときの注意点は、脱衣場や浴室を暖めておいて、身体を冷やさないことが大切です。湯温は、熱いと体力を消耗しますので、ぬるめにします。入浴後は、湯冷めを防ぐために、早めに布団に入りましょう。

4. 解熱剤は免疫力(回復力)を低下させる

風邪やインフルエンザに感染したときは、発熱する場合が多いのですが、その時に使う解熱剤は、正しい使い方をしないと逆に回復を遅らせることになります。

罹患して発熱するのは、免疫力を高めて回復するための反応なのです。即ち、ウイルスは熱に弱いので、体温を上げることでウイルスを弱らせているのです。さらに、免疫を担当する白血球は、体温が高い方が活性が上昇します。例えば、体温が36.5℃から37.5℃に1℃上昇すると、免疫力は5~6倍上昇します。従って、解熱剤で平熱まで下げてしまうと、回復が遅れることになるので、38℃くらいまでは解熱剤は使用しない方がより早く回復します。インフルエンザの場合には、これ以上に発熱することが多いので、解熱剤を使用して38℃くらいにまで下げることはOKです。

5. 風邪薬は症状を抑えているだけ

風邪薬(総合感冒薬)は、咳、鼻水、発熱、喉の腫れなどの症状を緩和する成分が入った薬剤で、服薬するとこれらの症状は緩和します。症状が治まっていても、風邪の原因となっているウイルスをやっつけた訳ではありません。症状が改善しても治ったと勘違いせずに、安静と栄養補給を心がけて下さい。

6. 抗生物質は風邪やインフルエンザのウイルスには効果無し

風邪やインフルエンザに罹患したときに、病院から抗生剤を処方された経験はありませんか?抗生物質は細菌を殺す薬剤なので、ウイルスには効果はありません。最初に述べたように、風邪の約9割はウイルス感染が原因です。インフルエンザもウイルスなので、抗生物質は効果がありません。医師の中には、ウイルス感染時は体力が低下しているので他の細菌の感染を予防する意味で処方している場合や、何か薬を処方しないと患者が納得しないという理由で効果の無い抗生物質を処方している場合などがありますが、医療費の無駄遣いになっています。(風邪には抗生物質を使わない

7. 抗インフルエンザ薬はウイルスの増殖を抑える(殺す作用はない)

治療薬として使われている抗インフルエンザ薬(リレンザ、タミフルなど)の作用は、ウイルスを殺しているわけではなく、増殖を抑えているのです。この作用により、回復までの期間を早くすることと、重症化を防ぐ目的で使用されています。ウイルスの増殖は、発症後48時間(2日)程度でピークに達し、その後は免疫力により減少しますので、これ以降は投与しても意味がありません。抗インフルエンザ薬を使用する場合は、発症の当日または翌日までです。インフルエンザに罹患した場合は、回復までには一般的に1週間程度かかりますが、抗インフルエンザ薬の投与により4~5日になりますので、2~3日短くなる程度です。

8. 窓やドアの施錠(異常行動による転落事故の防止)

インフルエンザ感染者では、異常行動による転落事故が多数報告されています。その殆どは子供で、男の子が殆どです。この異常行動は、抗インフルエンザ薬を投与した患者に多いのですが、使用していない患者にも見られており、原因はまだ解明されていません。従って、インフルエンザに感染した子供(特に男の子)の場合は、異常行動による転落事故を未然に防ぐために、窓やドアを施錠しておくことが必要です。親御さんはお子さんの行動に気をつけて観察して下さい。

免疫力の向上!

風邪やインフルエンザに罹患しないための基本は、うがいと手洗いですが、重要なことは普段の生活で免疫力を高めるような習慣をつけることです。バランスの良い食事、適度な運動、規則正しい生活です。特に受験生にとっては大切な時期ですので、健康管理に努めましょう。(受験生の健康管理

 

 

 

 

風邪とインフルエンザ(予防)

2017年12月01日

今日から12月になり、本格的な寒さの季節になりましたので、風邪やインフルエンザの感染に注意が必要です。風邪の原因の約9割は、ウイルスの感染が原因です。ウイルスが喉や鼻の粘膜に感染して増殖し、炎症を起こすことで鼻水や発熱、頭痛などの症状を引き起こします。インフルエンザもウイルスなのですが、風邪と比較すると、その進行が急激で、発熱や咳、頭痛や筋肉痛などの症状が極めて重いことで区別されています。

風邪やインフルエンザの予防や対策には「知識」という武器が必要です。そこで、知っているようで意外と知らない基本的な知識を解説します。

1.うがいは水道水

かぜやインフルエンザの予防の基本は、うがいと手洗いです。では、毎日のうがいは何でしたら良いのでしょうか?うがい薬?水道水?のどちらが有効と思いますか?答えは、意外にも水道水なのです。うがい薬はヨードを含んでおり、ウイルスにも効果があるとされていますので、有効性が高いイメージがありますし、テレビCMでも宣伝しています。しかし、このヨードは両刃の剣です。殺菌性の効果の裏側でその刺激性が原因となって喉の粘膜を傷つけてしまうことで、感染し易くなるのです。もう一つの理由は、腸内細菌叢と同じく、口の中にも常在菌がいて、そのバランスが風邪やインフルエンザの侵入を防いでいるのですが、ヨードの殺菌性のために常在菌のバランスが崩れて、感染を引き起こしやすくなるのです。うがい薬と水道水のどちらが感染し難いかを研究した京都大学での結果は、水道水の方が感染率が低く予防効果があるという報告でした。毎日のうがいは、水道水でOKです。 2. ワクチン接種でも感染する場合も有り

インフルエンザのワクチンは、感染の確率を低くする効果はありますが完全ではなく、接種しても発症する場合もあるのです。一般には、ワクチンの予防効果は50%程度です。その意味は、接種していない100人の内10人が発症したと仮定すると、ワクチンを接種した場合には100人中5人が発症するので、予防効果は50%という解釈です。ワクチンを接種しても発症する因子は、次のように幾つかあります。①接種したワクチンが感染したウイルスと異なるタイプの場合。②感染予防の効果は、接種後約2週間から6ヶ月の期間のみなので、接種直後や半年以降は効果は無い。③接種による免疫がつきにくい体質などが考えられます。特に、子供は免疫がつきにくいので、2回の接種が必要です。

この様に、ワクチンを接種しても感染する人と、逆に接種しなくても感染したことがない人がいます。一般的に、感染し難い体質の人は適度な運動を習慣化していることや、規則正しい生活とバランスの良い食事をしている場合です。ワクチンを接種した人もしない人も、普段の生活パターンを整えて、感染予防に心がけることが必要です。

次回は、感染後の対処について解説します。

風邪には抗生物質を使わない:厚生労働省の医師向け手引き

2017年10月01日

厚生労働省は医師向けに、「風邪には抗生物質を処方しない事」を推奨する手引きを示しました。その理由は、①風邪のウイルスには抗生物質は効果がないこと、②過度な抗生物質の使用で薬剤耐性菌を増やしてしまうことにあります。

風邪の原因の約90%はウイルスなので、抗生物質は効かないことは本ブログで示してきました(風邪への対処法)。抗生物質は細菌には効果があるのですが、ウイルスには効果が無いのです。従って、風邪をひいた場合は、栄養と水分を十分に摂って暖かくして休むのが正しい対処法なのです。

抗生物質と菌

しかしながら、風邪で受診した患者の約6割は効果のない抗生物質が処方されています。その原因として、4割以上の患者は抗生物質はウイルスをやっつけるので、風邪やインフルエンザに効果がある、と間違った知識を持っていることにあります。一方の医師の方にも問題があり、万一細菌が原因だったら重症化の危険があるとの過度な心配、薬を処方しないと患者が納得せずにヤブ医者扱いされること、処方箋で収入になる、などの理由で効果のない抗生物質を処方している現実があるのです。

その結果として、抗生物質の多用は薬剤耐性菌を増やす一因になっているのです(薬剤耐性菌)。薬剤耐性菌とは、抗生物質にさらされながらも生き残った菌は、その抗生物質に耐えて生き残れるように変化してしまうのです。薬の効かない菌が増えることで、患者の命を脅かすことになってしまいます。加えて、抗生物質の常用は、腸内細菌が死んでしまうことで、下痢や免疫力の低下も招きます。

医師が正しい処置をするのは当然ですが、患者の方々も薬や病気に関する知識を身につけることも必要です。本ブログは、一般の方々の健康維持に必要な内容をお届けしていますので、ぜひ参考にしてください。

 

長引く風邪症状は? 非結核性抗酸菌症、マイコプラズマ肺炎

2016年12月01日

インフルエンザが例年よりも早く流行しています。この季節に咳や熱などの症状があると、最初にインフルエンザを疑いますが、インフルエンザは一般的には1週間から10日程度で回復します。2週間以上にわたって咳や熱が続いている場合は、非結核性抗酸菌症やマイコプラズマ肺炎の可能性があります。

%e9%95%b7%e5%bc%95%e3%81%8f%e9%a2%a8%e9%82%aa%e7%97%87%e7%8a%b6

非結核性抗酸菌症とは、結核菌以外の抗酸菌の感染で起こる病気です。主に気管支や肺に炎症を起こすことで、咳が長引きますが、結核のように周りに感染させることはありません。患者は、中高年に多く、男女比では女性の方が多い傾向があります。抗生剤が効きにくいので、治療は長期になることがしばしばです。対策は、治療と並行して免疫力を高めることが必要ですから、バランスの良い食事や規則正しい生活です。

マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマの感染で秋から冬にかけて増加する感染症で、子供や若者に多く見られます。症状は発熱と咳ですが、咳の特徴として乾いた咳で痰を伴わないのが特徴です。周りに感染させる可能性がありますので、感染防止の対策としてうがいや手洗いを心掛けてください。

非結核性抗酸菌症とマイコプラズマ肺炎は、近年増加傾向にあります。普段から感染防止のための健康管理が重要ですので、本ブログを参考にして免疫力を高めていただければ幸いです。

 

受験生の健康管理

2016年01月10日

1月も中旬になって、寒い日が続いています。この時期になると、受験生は追い込みに入ります。私が人生の中で一番勉強をしたのは、博士号取得の受験勉強でした。食事と風呂以外の時間は勉強という生活を、十年以上も積み重ねてきましたが、この間は風邪もひかず、精神的にも大変充実していたと思っています。本ブログの読者の方々にも、お子さんやお孫さんに受験生がいらっしゃるでしょう。受験勉強で知識を詰め込むのは大切ですが、同じ位重要なのは、受験終了までの長期の健康管理です。長期の受験勉強期間をより効果的にするには、上手な睡眠と風邪対策です。受験勉強1. 睡眠

私の受験生時代は、“4当5落”で、4時間の睡眠時間なら合格できるが、5時間寝ると落ちるといわれていました。しかし長期の受験勉強には、少なくとも5~6時間の睡眠時間は確保した方が、良い結果をもたらすと考えられます。昨年8月20日の記事(睡眠と健康:成長ホルモン)のように、体の成長や疲労回復に関与する成長ホルモンは、深夜の1~2時頃に分泌されます。従って、1時より前には就寝して、朝は6時頃に起床するのが理想です。試験は午前中から始まるので、朝型の生活パターンにしておいた方が、実力が発揮できます。良質の睡眠を確保するには、就寝前のスマホやパソコンは控えてください。また、入浴はシャワーではなく、少し温めの湯船にゆっくりと浸かった方がよく眠れます。

2. 風邪対策

2013年12月10日の記事(風邪への対処法)のように、風邪の原因の約90%はウイルスです。受験の時期にはインフルエンザウイルスが蔓延しますが、予防の基本は手洗い、ウガイ、部屋の加湿です。ワクチン注射の効果は、1回注射でおよそ50~60%、2回注射では約80%位ですから、注射をしても絶対に感染しない訳ではありませんが、予防注射はした方が安全です。なお、効果はおよそ5~6ヶ月位です。さらに感染し難くするには、普段から免疫力を高めておくことが必要です。2014年11月20日~12月10日(免疫(1)~(3))の記事のように、バランスの良い食事、睡眠、有酸素運動が有効です。運動の時間がもったいないと思われるかもしれませんが、運動で免疫力の向上以外にも、血流の改善や基礎代謝の向上、ストレス解消などがあるので、勉強の質があがります。

受験生にお奨めは、私の研究している漢方飲料の『美露仙寿:めいるせんじゅ』です。風邪の予防や疲労回復には最適で、その医学的根拠は下の医学論文にまとめてあります。論文のコピーや解説希望の方、健康管理に関するアドバイスをご希望の方は、無料健康相談へお電話ください。満開の桜を家族で楽しめる春になるように、ご両親や祖父母から受験生に美露仙寿をプレゼントしてあげませんか。合格をお祈りします。

【美露仙寿の健康増進効果に関する医学論文】

  1. 7 種漢方成分含有健康飲料の安全性と作用の医薬学検査.医学検査561(3):41-547, 2012
  2. Ergogenic Capacity of a 7-Chinese Traditional Medicine Extract in Aged Mice.Chinese Medicine (3): 223-228, 2012.
  3. 7 種漢方健康飲料の未病改善効果.未病システム学会雑誌21(3): 1-6, 2015

合格の春