カテゴリー
健康管理

虫歯は生活習慣と関連

2017年06月10日

健康長寿には、虫歯のない健康な歯を維持することが大切であることが大切です(2015年10月10日:歯と健康長寿)。また、健康維持には規則正しい生活が必須ですが、この生活習慣が乱れると虫歯になり易いという研究結果が、富山大学などの研究チームから発表されました。

虫歯

この研究は、富山県の小学生2109人を対象に、食育などに関するアンケートを分析したものです。その結果、テレビやゲームを長時間利用する子供ほど、睡眠時間が短い子供ほど、また朝食を全く摂らない子供ほど虫歯が多い結果になっています。これらの生活習慣の良くない子供たちと健全な子供を比べると、虫歯の率は約2倍です。

生活習慣と虫歯

唾液には虫歯予防作用があり、リラックスしている状態ではサラサラで分泌量も多いが、緊張状態では分泌量が減少することが知られています。上記の結果から、テレビゲームなどでの興奮状態や、睡眠不足、朝食抜きの空腹ストレスが唾液の分泌量を減少させることで殺菌作用が低下し、虫歯が増えることが示唆されます。

健康長寿のためには、子供の年齢から規則正しい生活習慣を身につけることが必要です。

ジョギング1時間で寿命が7時間延びる

2017年06月01日

ジョギングをする人と全くしない人を比較すると、前者は早死にするリスクが20~40%も低く、平均寿命も3年近く伸びることが、心臓血管疾患の医学誌に報告されました。一般的な傾向として、ジョギングを定期的にする人は健康に対する意識が高く、ライフスタイル全般もヘルシーな傾向があります。加えてジョギングは、高血圧や肥満に対する効果があることから、1時間のジョギングで寿命が7時間延びることで、平均寿命は3年間も延びています。

ジョギング

この他の効果として、神経系にも影響を及ぼして新しいニューロンの生産を促進することで、脳の老化を遅らせ、記憶力を向上させることも神経細胞の専門誌に報告されています。

ジョギングのできない高齢者の場合には、ウォーキングでも効果が期待できます。健康長寿の為に、ジョギングやウォーキングを心掛けましょう。

塩分摂取 1 位はカップ麺

2017年05月20日

日本人が塩分を多く摂取している食品を、国立健康・栄養研究所が2012年の国民健康・栄養調査のデータをもとに解析しました。対象は、20歳以上の男女2万6726人です。その結果、1位はカップ麺で1日当たりの食塩摂取量は5.5グラム、2位がインスタントラーメン、3位が梅干しでした。厚労省の食塩摂取量の1日の目標値は、男性で8グラム未満、女性で7グラム未満ですから、カップ麺だけで1日の目標値の半分以上を摂取してしまう計算です。

塩分摂取量順位

食塩摂取量を減らす方法として、スープは飲まないことや、塩分の少ない商品を選ぶなどの工夫も必要です。例えば、“だしの〇〇で減塩”のカップ麺の塩分は2.8グラムなので、一般のカップ麺の約半分ですが、それでも目標値の約3分の1の量です。スープを飲まないで麺とかやくだけなら、1.0グラムに減量できます。

余分な塩分(ナトリウム)を尿中に排泄するには、カリウムが働きます。カリウムを多く含む食品は野菜や果物ですから、野菜をたくさん食べることと食後のデザートに果物を摂ることを心がけましょう。

 

人工甘味料で脳卒中・認知症のリスク3倍

2017年05月11日

人工甘味料入りのダイエット飲料を1日に1本以上飲んでいた人は、全く飲まない人よりも脳卒中や認知症に3倍なり易いことを、米国ボストン大学の研究チームが発表しました。なお、砂糖入りの飲料を飲んでいる人では、飲まない人との差は認められませんでした。

人工甘味料

人工甘味料は、血糖値を抑えたい人や、肥満を心配する人がカロリー制限を目的として摂取されています。しかしながら、現実には逆の結果を招いています。例えば、人工甘味料入りの水を飲んだマウスでは、糖尿病につながり得る耐糖能障害を起こすことが報告されています。また、人工甘味料のカロリーはゼロに近いにもかかわらず、脂肪を蓄積して体重の増加を招くことも知られています。これらの人工甘味料による身体への影響の機序は不明な点は多いのですが、耐糖能障害や体重増加の原因として、膵臓が砂糖と同じように人工甘味料にも反応してインスリンを分泌することにより、インスリン抵抗性や脂肪の蓄積を招く結果と考えられます。

人工甘味料で脳卒中や認知症のリスクが高まる機序は明らかではありませんが、私の個人的見解としては次のように考えます。身体が活動するエネルギーとして血糖が利用されていますが、特に脳細胞の活動には多量の糖分を消費しています。糖が身体にとって重要なエネルギーであることから、“甘い=美味しい”と感じることで必要な糖分を補給するシステムが成り立っているのです。ところが、人工甘味料では実際の“糖”は補給されていないにもかかわらず、脳は“甘い”と感じて錯覚が引き起こされることで、感覚と現実の乖離が生じます。その結果、脳のエネルギー不足などの障害が起きて、脳卒中や認知症などが発症すると考えます。上記の耐糖能障害や肥満を引き起こすことと同じメカニズムが、脳にも影響を与えている可能性です。

化学的に合成された物質が、身体に良い訳がありません。自然の食品をバランス良く摂ることが大切です。

新学期・新年度を期に朝食の習慣を

2017年04月10日

新学期、新年度が始まりました。特に、小学校の新1年生のご両親やおばあちゃん、おじいさんは喜んでおられることと拝察いたします。お子さんやお孫さんが元気に、そして優秀な学校生活をしていくには、しっかりと朝食を摂ることが必要です。

特に、一日の活動に必要なエネルギーを補給する朝食は重要な意味合いがあるのですが、最近は朝食を摂らない子供が増えています。文部科学省の調査では、小中学生の1割以上が朝食を摂っていません。別な調査では、もっと高い欠食率を報告しているものもあります。朝食を摂らないことによる影響として、第一に学力の低下があります。エネルギー不足により、集中力の欠如や眠気が原因です。多くは、夜更かしが関係しており、朝起きられないことで時間が無いことや空腹感を感じないのです。

子供のみならず中高年でも、朝食抜きのリスクが知られています。朝食を摂らない場合は、血圧の上昇が大きくなります。その結果として、朝食を毎日摂る群と比較すると、朝食が週に2回以下の群では、脳出血のリスクが36%も高くなると報告されています。

新学期・新年度を期に、早寝早起きして朝食を摂る習慣をつけましょう。

朝ご飯

1 / 1612345...最後